みずたま将棋ブログ

みずたま(@go_tom_89)のブログです

【日本将棋連盟サイト】みずたま著作集

日本将棋連盟のサイトに掲載された私のコラム記事をここにまとめておきます。

連盟のサイトにも執筆者別まとめページはあるので、ここでは文献リストもつけておきます。

 

1.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

北尾まどか『やさしくてよくわかる!はじめての将棋レッスン』(日本文芸社

高橋和『はじめての将棋練習帳 STEP1 駒を取る』(幻冬舎

浦野真彦『1手詰ハンドブック』(日本将棋連盟

藤井猛『攻めの基本戦略』(NHK出版)

長岡裕也『全戦法対応・将棋基本定跡ガイド』(マイナビ

 

2.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

・柚木裕子『盤上の向日葵』(中央公論新社

瀬川晶司泣き虫しょったんの奇跡』(講談社文庫)

大崎善生『聖の青春』(角川文庫)

白鳥士郎りゅうおうのおしごと!』(GA文庫

 

3.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

・本間博『初手から分かる!将棋・序盤のセオリー』(マイナビ

羽生善治『羽生の法則3 玉の囲い方、仕掛け』(日本将棋連盟

・及川拓馬『全戦型対応!囲いの破り方』(マイナビ

・金子タカシ『美濃崩し200』(浅川書房

藤倉勇樹『美濃囲いを極める77の手筋』(マイナビ

 

4.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

上野裕和『将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編』(マイナビ

先崎学『ホントに勝てる振り飛車』(河出書房新社

藤井猛四間飛車を指しこなす本(1)~(3)』(河出書房新社

戸辺誠『将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車』(ルーク)

藤倉勇樹振り飛車の核心 "さばき"の基本手筋』(マイナビ

 

5.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

上野裕和『将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編』(マイナビ

・佐藤慎一『将棋・基本戦法まるわかり事典』(マイナビ

井上慶太井上慶太居飛車棒銀で戦え』(NHK出版)

・佐藤慎一『矢倉で勝つための7つの鉄則と16の心得』(マイナビ

・塚田泰明『角換わり初段の常識』(マイナビ

 

6.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

・『藤井聡太推薦! 将棋が強くなる基本3手詰』(マイナビ日本将棋連盟

浦野真彦『3手詰ハンドブックⅡ』(浅川書房

・本間博『妙手に俗手、駒余りもあり! 実戦詰め筋事典』(マイナビ

浦野真彦『詰手筋DVDブック』(ルーク)

・北浜健介『将棋・詰みの基本手筋』(マイナビ

 

7.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

・『将棋・ひと目の手筋』(週刊将棋編、渡辺明監修、マイナビ

・『将棋・ひと目の端攻め』(週刊将棋編、マイナビ

・『格言・用語で覚える居飛車の基本手筋』(神崎健二著、マイナビ

・『羽生善治の手筋の教科書』(羽生善治著、河出書房新社

・『将棋は歩から(上)(中)(下)』(加藤治郎、東京書店)

 

8.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

藤井猛 『四間飛車の急所(1)』(浅川書房

・小倉久史・山本博志『三間飛車新時代』(マイナビ

藤井猛『相振り飛車を指しこなす本(1)~(4)』(浅川書房

・杉本昌隆『速効!振り飛車の絶対手筋105』(マイナビ

久保利明『久保振り飛車実戦集』(マイナビ

 

9.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

・武市三郎・美馬和夫著『奇襲の王様 筋違い角のすべて』(マイナビ

・飯島栄治著『対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法』(マイナビ

・神谷広志著『禁断のオッサン流振り飛車破り』(マイナビ

・杉本昌隆著『将棋・究極の勝ち方 入玉の極意』(マイナビ

週刊将棋編『完全版 定跡外伝 ~将棋の裏技教えます~』(マイナビ

 

10.

www.shogi.or.jp

【紹介文献リスト】

青野照市「将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事」(創元社

羽生善治羽生善治の将棋辞典」(河出書房新社

渡辺明「増補 頭脳勝負」(ちくま文庫

浦野真彦「初段になるための将棋勉強法」(白夜書房

・「将棋世界」(日本将棋連盟)・「将棋講座」(NHK出版)

 

11.

www.shogi.or.jp

【紹介商品リスト】

将棋倶楽部24

・将棋ウォーズ

棋士藤井聡太の将棋トレーニング(ゲームスタジオ)

・遊んで将棋が強くなる!銀星将棋DX(シルバースタージャパン

・みんなのどうぶつしょうぎシルバースタージャパン

 

ーーーーーーーーーーー

2019年の2月に掲載が始まったこのコラムも、思い返せばいろいろな記事を書いてきました。50点以上の商品を紹介したことになります。

 

最初の1冊はお世話になっている先生の本にしましたが、これは自然なことでした。また、連載中は紹介した本の著者さんにお礼の連絡をいただいたりしたこともありました。ほかにも、自分のあこがれの先生の著書を紹介するときはおこがましいかな...などと無駄に心配する一方で誇らしい気持ちになりました。

 

ご紹介した棋書は、いつの時代にも使える情報・研究手法を載せているものが多いと思います。とはいえ、時の流れとともに情報が古くなるものもあるかもしれません。棋書の道に終わりはありません。私自身つねに棋書・定跡・観る将と各方面の情報をブラッシュアップしていく気持ちを忘れないようにしたいと思います。

 

また機会があるときはこのブログでも紹介していきます!

今後ともみずたまをよろしくお願いいたします!

【中盤力強化】プロの感覚を身につける

序盤は定跡を勉強すれば上達します。

終盤は詰将棋をすれば上達します。

 

しかし、中盤についてはなかなかいい勉強法がないという話はあるあるですね。

中盤の勉強法を確立できれば将棋界にとって大きな進歩という気がします。現時点では「実戦をこなしましょう」でお茶を濁してしまっている感じでしょうか。

 

先日のレッスンで上記のことを聞かれて、たしかになあと納得しました。

実戦をのぞいて、個人的にはプロの自戦記を読むことがもっとも効率よく勉強できると思います。もちろん、新聞の観戦記でもいいのですが、限られた紙面で、対局のこと以外のことにも触れる必要があるので自戦記のほうがおすすめというわけ。

 

(1)渡辺明ブログ

こちらは10年以上前からつづく有名人気ブログ。

この中の、「対局」とタグづけられた記事を見ていくと、渡辺先生が指した将棋の簡潔な振り返りが載っています。記事によって序盤中盤終盤どれを扱っているかは異なりますが、おおむね仕掛け以降の中盤から終盤の入口がおおいようです。

渡辺先生の歯切れのいい理論展開が心地よく、勉強になります。

 

(2)谷川浩司全集

そんな渡辺先生が修業時代によく並べていたというのが谷川先生の全集。

どうりで、「永世竜王への軌跡」も本シリーズの構成と似ているわけです。

谷川先生は対局当時の読み筋を、うっかりを含めて赤裸々に書いてくださるので勉強になります。

 

(3)関西奨励会好局集

www.shogi.or.jp

ツイッターでは何度か紹介しているのですが、関西奨励会で指された将棋の中ですぐれた棋譜に関西所属のプロの先生方が棋譜コメントを加えるというもの。

コンピューターの評価値だけでは測れない肌感覚がビシビシ伝わってきます。

相手の手を殺すトッププロの将棋と異なり、自分の狙いを通すストレートな指し手の多い奨励会級位者の棋譜を解説者がやさしくなだめる雰囲気が好きです。おすすめは有森先生のコメント。

 

 

とりあえずは以上の3つがおすすめです!

陣形の差を生かす【対ゴキゲン中飛車】

今日指した将棋から。

ゴキゲン中飛車の何気ない出だしです。



f:id:mizutama-shogi:20200215230943j:image

ここから、78玉、42銀と進展。

 


f:id:mizutama-shogi:20200215231015j:image

 

ここでピンと来ました。

 

図から56歩と突きました。


f:id:mizutama-shogi:20200215231110j:image

 

玉型の差に注目します。玉が堅い先手は激しい戦いになれば嬉しいです。中飛車側が先手ならば以下の仕掛けはやるかどうかあやしいところ。

 

上図以下53銀、55歩、44銀、25歩、33角に54歩が手筋。形よく歩を回収させません。


f:id:mizutama-shogi:20200215231241j:image

 

次いで54同飛としてきたときに、24歩、同角、同飛!と切り飛ばして全面戦争に。24同歩に65角とうって仕上げに入ります。

 


f:id:mizutama-shogi:20200215231409j:image

 

さらに53飛には44角!同歩、21角成となって先手有利に導くことができました。

 

ここまで書いて思い出したのですが、阿久津先生の実戦(武者野先生との将棋)でこの手順があり、そのまま阿久津先生の著書にも紹介されていた手順でした。プロの常識なのですね!

 

たまによく出てくる順なので居飛車党のかたは覚えておきましょう☆

今日指した将棋から

午後、ひさびさに時間ができたので蒲田将棋クラブへ。


f:id:mizutama-shogi:20200202221304j:image

 

5時にごろ行って、2時間ほどで3局指せました。

 

【1局目】

最初は常連と思しき男性と。私の先手。

f:id:mizutama-shogi:20200202220119p:plain

指している感じから、三間飛車通なことが伝わってきました。

ここから▲24歩として局面を動かしましたが、うまく形を作ることができずに失敗。

穴熊戦でありがちな、仕掛けで失敗して以降なにも見どころなしという将棋にしてしまいました。以下は終盤の入口あたりで投了となりました。

三間飛車の相穴熊は序盤から気を遣う展開のわりには千日手含みなこともあり、スペシャリストの戦型というイメージです。

感想戦では図から▲85歩という手を知りましたが、さすがに宴会向けの手でしょうか。



【2局目】

10代と思しき若者と。私の先手でした。

f:id:mizutama-shogi:20200202220544p:plain

振り駒だったのですが、図からの▲55歩を△同銀と取ったところで試合終了でした。

 

【3局目】

中学生くらいの子と。私は後手でした。

f:id:mizutama-shogi:20200202220625p:plain

まだまだこれからの序盤ですが、ここで△65歩と突いて形を決めに行きました。

以下▲65同桂△64銀と進んでつぎの△65銀が受けづらいかと思いましたが、PCに聞くと評価はまだまだ互角とのこと。とはいえ先手が互角にするには△64銀に▲78金と飛角交換を甘受する形なので、実戦的には居飛車ペースですかね。

本譜は図から△65歩▲同桂△64銀▲89飛△85歩▲同歩△65銀▲同銀△77桂と進みました。とはいえ結構難しい局面です。

 

f:id:mizutama-shogi:20200202220937p:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ということで2勝1敗という結果でした。

これからは定期的に実戦を指すようにしていきたいです。

 

【合駒問題】解けなくても問題ない1手詰

浦野真彦八段の1手詰ハンドブックをひさびさにチラ見して思ったことがあります。

けっこう難しいがあるなということ。

 

大駒を離して打って1手詰という場合は、合駒を打つ手は無駄なので打たない状態で詰みとするという大人の事情が絡んできたりして、初学者にとっての障壁となっているようです。

 

今回は、1手詰ハンドブックのなかから、特に難しい3問を紹介し、ありがちな不正解手順をて解説してみます。正解手順はぜひ本書を読んで確認してみてください。

これらの問題は、難しいので間違えてしまっても心配しなくて大丈夫と思います!

 

f:id:mizutama-shogi:20200127123637p:plain

 

【誤答手順】

▲11飛成まで1手詰

f:id:mizutama-shogi:20200127124235p:plain

これには△12金などの合駒が可能です。詰将棋では、盤上の駒と攻方の持ち駒以外のすべての駒を玉方が持ち駒として使えるというきまりがあります。

 

f:id:mizutama-shogi:20200127124428p:plain

 

ただしこの場合は、合駒は金だけが正解。続いて▲22龍には△同金!の応手が可能なので詰みなし、となります。▲22銀不成には△24玉があります。

問題図から、▲11飛成に△12飛には▲同龍からの詰みがあるので、考えてみてください。結構読みの量が要求されますね。

 

 

 

f:id:mizutama-shogi:20200127123645p:plain

つづいて2問目。これは難解です。

 

【誤答手順】

▲43角成まで1手詰

f:id:mizutama-shogi:20200127124936p:plain

玉の進めるマス目を確認すると、どこにもなさそうです。

王手もかかっているし、これで詰みなのでは?と思うのも無理はないと思います。

しかし、▲43角成には△34香(香以外も可)!という受けの妙手があって、不詰めとなるのです。

f:id:mizutama-shogi:20200127124928p:plain

▲34同馬には△14玉、▲34同飛には△25玉と、それぞれの場合において玉の行けるマス目がひとつできてしまうというからくり。見事な捨て合でした。

 

 

f:id:mizutama-shogi:20200127131908p:plain



最後はこちら。

【誤答手順】

▲25香まで1手詰

 

f:id:mizutama-shogi:20200127125440p:plain

さきほどとと同様、これも玉の逃げ道がなく、詰みに見えます。
しかし、ここで△24歩!の中合(ちゅうあい)がまたしても受けの妙手。

 

f:id:mizutama-shogi:20200127125554p:plain

 

これで▲24同香と取ると、△13玉と飛を取られて残念ながら不詰めとなります。

 

f:id:mizutama-shogi:20200127125659p:plain

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、1手詰ハンドブックとはいえ、不正解手順に対する玉方の受け方まで考えると難しい問題があります。ぜひ肩の力を抜いて、完璧主義になりすぎないよう気楽にチャレンジしてみてください。

 

最後に宣伝です!5分で読めるのでぜひ詰将棋を上達に役立ててください。

www.shogi.or.jp

 

現代角換わりの勉強法

現代の角換わりの勉強法について、4つのレベルの教材を紹介します。

 

1.入門

NHK将棋講座「太地隊長の角換わりツアー」

2019年10月号から始まったこの講座は、昭和から令和にいたるまでの角換わりの歴史的変遷をおさらいする入門番組です。角換わりの基本を知るのにもってこいでしょう。

今月号では▲4八金・△6二金型の攻防が取り上げられていました。当然ながら、日曜朝10時の将棋フォーカスでは映像での解説が見られますのでこちらも要チェックです。

 

2.中級

佐藤天彦の将棋講座「美しき角換わり」(将棋プレミアム、囲碁将棋チャンネル

f:id:mizutama-shogi:20191228141918p:plain

 

今年公開されたこの講座は現代の角換わり(▲4八金・△6二金型)における先手と後手の主な狙いを概観する内容です。1本10分の動画なので、書籍と比べても勉強効率がいいでしょう。細かい変化を掘り下げるのでなく、大まかな狙いをプロの実戦例をベースにわかりやすく解説してくれます。

26本のシリーズなので意外と長いです。おすすめの勉強法は、大盤で解説された手順を、スマホなどを使って手元に棋譜データとして残すというもの。手順の分岐・コメント機能があればなお良しです(保存したデータは個人利用の範囲で)。

mizutama-shogi.hatenablog.com

なお将棋プレミアムでの視聴の場合は有料会員登録が必要(月1000円前後)ですのでご注意ください。

 

3.上級

池永天志『現代角換わりのすべて』(マイナビ

現代角換わりのすべて (マイナビ将棋BOOKS)

タイトルに偽りなし!400ページ余りのこの大著は、現代の角換わりを概観するのに必要かつ十分な一冊になっています。ともすれば陥りがちな重箱の隅をつついくような定跡研究に陥らず、適切な局面で「これにて一局の将棋」と検討を打ち切る勇気を持った編集が好印象です。章立てとしては、①▲48金△62金の対抗、②▲48金△52金の組み合わせ(先後)、③早繰り銀・棒銀について(先後)といったイメージです。

関連図書に長岡先生の『神速! 角換わり▲2五歩型 必勝ガイド』や小林裕先生の『角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド』(いずれもマイナビ)がありますが、これらの本が扱っているのがそれぞれ池永本のどこを補強する資料になっているかわかれば、しっかりと現代角換わりの見取り図を描けているということになるでしょう。

 

4.総合

将棋連盟ライブ中継 https://www.shogi.or.jp/mobile/

いっときの流行こそ落ち着いたとはいえ、プロの将棋ではまだまだ数日に1局の割合で角換わり腰掛け銀は出現しています。角換わり腰掛け銀の対局画面からMenuを出し、「角換わり腰掛け銀」の戦型で検索をかけることで一気に対象となる棋譜を選び出すことができます。とても便利(棋譜検索窓からも行けます)。


f:id:mizutama-shogi:20191228143652j:image

 

 

 

教室の本棚にほしい本

今回は私の妄想をお届けします。自分が将棋教室の本棚を担当されたら備えておきたい棋書を挙げてみます(ただ羅列しただけ)。指導対局や友達対局の後に、「この変化ならあの本に載ってるな」、「藤井システムの仕掛けってどんなんだったっけ?」みたいにさくっと参照できるのが理想です。

 

振り飛車

四間飛車の急所1~4

四間飛車を指しこなす本1~3

四間飛車がわかる本

さばく!振り飛車教室

ホントに勝てる四間飛車

ホントに勝てる振り飛車

島ノート

振り飛車ワールド

渡辺明居飛車振り飛車 1・2

コーヤン流三間飛車の極意

鈴木大介の将棋

 

【定跡】

よくわかるシリーズ(マイナビ

これだけで勝てる(戦法)のコツシリーズ(マイナビ

パワーアップシリーズ(日本将棋連盟

 

駒落ち

決定版 駒落ち定跡

 

【寄せ】

寄せの手筋200

美濃崩し200

寄せが見える本(基礎編・応用編)

光速の終盤術

谷川流寄せの法則

光速の寄せ 全巻

 

【手筋】

将棋は歩から 3冊

ひと目の手筋(マイナビ

将棋宝典

 

棋譜

谷川浩司全集

大山康晴全集

戦型別名局集

羽生善治全局集

升田将棋選集

日本将棋大系

米長の将棋

平成将棋名局百番

棋士別名局集シリーズ(日本将棋連盟筑摩書房

大山VS升田全局集ほか百番指しシリーズ

佐藤康光勝局集

名人への軌跡

森下の矢倉

森下の四間飛車破り

永世竜王への軌跡

藤井聡太全局集

 

【大局観】

戦いの絶対感覚シリーズ

上達するヒント

 

羽生善治

羽生の頭脳 1~10

羽生の法則

羽生マジック

 

詰将棋

詰むや詰まざるや

詰将棋ハンドブックシリーズ

その他詰将棋本すべて

 

【その他】

将棋世界

将棋講座

将棋年鑑

道場日誌

 

【結論】枚挙にいとまがない!笑