みずたま将棋ブログ

みずたま(@mizutama_shogi)のブログだよ

【棋書】5月の新刊

遅くなりましたが5月の新刊紹介をサラッとしておきましょう。 升田幸三 振り飛車の神髄(日本将棋連盟) ★★★★☆ 升田幸三が振り飛車を指した棋譜を101局集め、石川陽生七段の解説を付した実戦集。1局につき4ページを当て、手の意味はもちろんのことその…

必携!戦法習得アイテム

昨年、将棋世界付録の楽しみ方を3つの記事に分けて紹介しました。 昔の記事なのでそれの再掲を兼ねて、最近出た付録をすこしだけ紹介します。 mizutama-shogi.hatenablog.com mizutama-shogi.hatenablog.com mizutama-shogi.hatenablog.com 将棋入門者・初…

【王道を往く天衣無縫】佐藤康光将棋著作集

佐藤康光九段の将棋が王道を往く正統派の将棋であることが突然言いたくなったので、その著書についてまとめておきます。天彦九段についてはまた回を改めて。 【パーフェクトシリーズ(日本将棋連盟)】 ・『康光流現代矢倉1~3』 1997年出版。20世紀的な組…

今日買った本

今日神保町で買った本たちを写真で紹介。 数字は金額。 2500 1000 米長先生若い 200 400 蛸島先生変わらない\(^o^)/ 800 1663 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 ぜんぶで10000円しなくてお買い得でした。 最近はおかげさまで人生に余裕が出て…

昭和が遺した棋書【3選】

平成がそろそろ終わりますね。 私は平成の初期に生まれて、小学生のころ将棋を始めました。平成生まれとはいえ、棋書や棋譜など、将棋上達のうえでのメソッドは昭和までに生まれ、確立したものでした。その点、最近の若者たちを見ているとソフトでの序中盤研…

詰将棋解答選手権(チャンピオン戦)に行った

いてはりました。 昨年の解答選手権(チャンピオン戦)の体験記はこちら。 mizutama-shogi.hatenablog.com 今回は会場がいつもの渋谷のNHKのところではなく、大井町のきゅりあんでした。 (きゅりあんと聞くとなぜかふかわりょうを思い出す) 年に一度行…

新橋駅前古本市

いてはりました。 テントの合間を縫うようにして、所要時間わずか10数分で買い求めた棋書をまとめておきます。 定石小辞典。2冊で2000円。 囲碁の本。誠文堂新光社の小辞典シリーズは置碁やヨセなど、隠れた名著が多いのです(誰も隠していない)。 詰パラ1…

詰将棋のルールについて

何人かから立て続けに聞かれたので、ここにまとめておきます。 手元にあった原田泰夫『最強の詰将棋200題』のルール紹介を例に取りますが、どの本でもルールの説明はほぼ同じでしょう。 1. 攻め方は王手の連続で玉を詰めること。 2. 攻め方は最短手順で玉を…

将棋上達法について

スマホは便利ですね。 ここ数年とかに限った話ではないですが、道を歩けば、イヤホンで音楽を聴いたり歩きスマホをしたりしている人に出合わないほうが珍しいです。今日私は電車の中で本を読んでいる人を見かけたのですが、本当に珍しいものを見た気がしまし…

備忘

順位戦のC級1組が終わり、杉本八段と近藤五段が昇級を決めました。 若者が上に行くのは世の常ですが、50歳台で並みいる強豪棋士を抑えて杉本師匠が昇級したには胸を打たれました。 降級にもめげず結果を残す人を見ると、故・米長永世棋聖の著作の一節を思い…

【棋書】2月の新刊

知らないうちに3月になっていたので、2月の新刊紹介をしておきましょう。 藤森哲也 藤森式青野流絶対退かない横歩取り(マイナビ) ★★★★☆ 昨年までの横歩取りのブームにいったん落ち着きを取り戻させた青野流。先手の利をいかして積極的に攻めたおす作戦に…

0手詰日和

詰将棋ってむずかしいですよね。 一方で、難しい詰将棋をうんうんうなって考え解けたときの快感がたまらないという方は多いでしょう。しかし、それと同時に、ゆるくつきあって楽しめる詰将棋がもっとあってもいいと思うのです。 余談になりますが、最近、初…

1月の新刊

2月の新刊が押し寄せてきたので、遅ればせながら1月の新刊おさらい! 畠山鎮『必勝 三間飛車破り』(マイナビ) ★★★★☆ elmo囲いを解説した本として有名だが、6章あるうちの1章に過ぎない(第6章は実戦編)。そのほかの4章はコーヤン流や石田流組み換え…

筋と形を囲碁から学ぶ

囲碁をやっていると、「こんな教材が将棋にもあるといいな」とか、「この人の棋風を将棋でも見てみたいな」とかいうインスピレーションを得ることがあります。 囲碁には「筋と形」というコロケーションがあって、経験則からこの形が9割方ただしく美しいよと…

「ノーマル振り飛車の主役は角」 ~3つのエピソード~

まずは次の一手からスタート。答えは最後に。 今回は、ノーマル振り飛車戦法の要が実は飛車ではなく角なんだよという感覚を示す言説をご紹介します。もちろんそれが常に正しいというわけではないので、あくまで参考までにどうぞ。個人的には、ノーマル振り飛…

A級ラス前解説会

いてはりました。 11時に仕事が終わって帰り道、気がつくと千駄ヶ谷だったので「A級ラス前は年に一度しかないし」と思って下車。 解説会に来るのは何年ぶりか思い出せないくらいですが、ともかく久しぶり。将棋会館には強くなる空気が漂ってると思います。あ…

象のあし(荻窪)閉店の日に

友人からのメッセージで荻窪の「象のあし」という古本屋がまさに今日閉まることを知り、急きょ電車に乗る。 午後3時頃ついたが、店内はお客さんでいっぱい。なんやなんやとおもっているとそのお客さんの大半は、店主が一人でレジを打つのを待つ行列でした。 …

【棋書】最近読んでる本

最近は読んでいる本を紹介していきましょう。日ごろそれほどまとまった時間が取れないので、目的をもちながら細切れ時間を生かす読書が中心になっています。(私はウォーズや24はほぼやりません) なかでも詰将棋と棋譜並べが中心。実際に将棋盤を使わなく…

あきこと学ぶオポジション

どうぶつしょうぎを教えていて気づいたこと。 将棋の導入のために開発されたどうぶつしょうぎですが、小さな子、未就学児にとってはまだ難しいゲームです。 いくら駒が少ないとはいえ、駒を進めるという基本的動作だけでなく、駒を取る、打つというイレギュ…

12月の新刊

あけましておめでとうございます。 本年もみずたま将棋ブログをよろしくお願いいたします。 2019年を始めるにあたって、昨年12月の主要な新刊をまとめておきましょう。 1.本間博『妙手に俗手、駒余りもあり! 実戦詰め筋事典』(マイナビ) ありそうでなか…

雑文

先日、ふらっと三鷹に行ってきた。 何軒かの古本屋を覗いたあと、あまりお目当ての本がないなと思いながら歩いていた商店街に、ふるびたおもちゃ屋さんがあった。 軒先のガチャガチャにアンパンマン先輩の顔が見えたので、硬貨を2枚投入する。最近はガチャガ…

サイン本ならブック●フ

最近買った本から。 最近はさすがに毎日1冊ペースではなくなってきています笑 某ブック●フの200円コーナーで見つけたもの。 さすがにノータイムでレジに持っていきました。 谷川先生の王位時代なので揮毫された時代がけっこう絞れそうです。 同じお店に三浦…

いつから教えられるかな?

今回は将棋普及について考えることをつらつらと。 身の回りに将棋をはじめた初心者がいたら、その人にたくさん負けてあげるのがいちばんの普及になるよという話です。 最近はおとなで将棋を始める、あるいは大人になって久しぶりに将棋を再開するというケー…

【本棚】詰将棋の本【公開】

およそ2年前、マイナビ将棋情報局の企画として藤井聡太四段(当時)が自身の本棚を公開するという記事がありました。 book.mynavi.jp やはり詰将棋の達人なだけあって、詰将棋関連の書籍が多くありました。 この真似をして、今回の記事では私も本棚にある詰…

11月の新刊

11月の新刊を11月のうちにしておきましょう。 まだ夏は終わってないんだ... 今泉健司『自由自在!中飛車の新常識』(マイナビ) いまをときめく今泉四段の研究書。中飛車対三間飛車(玉が左の形がメイン)の相振り飛車と、居飛車角道不突き作戦を取り扱う。…

最近買った本

ご無沙汰してます。 先日、少し時間が取れたので神保町に行ってきました。 澤口書店の店頭で新書サイズ棋書が数百円で安売りされてたので買ってみました。 『名作詰将棋』は古典詰将棋100題を紹介する名著。江戸時代の詰将棋や、大道詰将棋まで収録。二上達…

自分の将棋をデザインする

去年の8月、とあるアプリが公開されてファンの間でやや話題になりました。 www.4gamer.net このサイトから概要を引用するとこんな感じ。 「棋士プロ」はストーリー型の将棋棋士育成ゲーム。主人公は将棋の勉強をしながらイベントをこなし、ゲーム最後に行わ…

最近買った本(電子書籍版)

kindleのセールも終わったので、この機会に買った電子棋書を簡単に紹介。 なお、どれも名著ですので基本的には全部★5つのつもりです笑 中座真『相掛かりの新常識』 久々に出た相掛かりの定跡書。おもに飛車先保留の考え方が勉強になります。 所司和晴「次の…

【初心者必携】マイナビ電子書籍

今回のkindle半額セールは今日いっぱいみたいですね。 駆け足ですが、初心~初段までの方におすすめの半額タイトルを紹介します。 電子書籍はいつでもどこでも読めるので、次の一手や詰将棋の本を買うのが間違いないです。 以下★がついているのは目をつぶっ…

9・10月の新刊

お久しぶりです。今日は職団戦に行ってきました。需要あればまた記事にします。 さて今日も元気に新刊紹介していきましょうね。 まずはマイナビの戦術書から。その後その他の出版社のものを紹介します。 (1)佐藤和俊『緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井シス…