みずたま将棋ブログ

みずたま(@mizutama_shogi)のブログだよ

子どもに人気の詰将棋10選

こどもの教室や大会に参加して時間があまると、詰将棋を教えて時間をつぶすことがあります。その時どきて詰パラのヨチヨチルーム~小学校くらいの手数ならいい感じで楽しんでもらえるようです。

 

大道詰将棋ではないですが、解けた解けないと言いながらわいわい盤を突っついていると良いコミュニケーションになるんです。いつもうるさいワンパクボーズたちも、このときだけは答える順番を守りながら真剣に盤面を見つめてくれる...

 

定期的に生徒と顔を合わせる教室だと、将棋大好きな子が「詰将棋つくったよー」なんて来てくれて、それをちょっと手直しするのもおもしろいです。

 

今日はそんなスキマ時間に便利な基本詰将棋を10題紹介。

 

【1】1手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619010616p:plain

 

将棋の歴史とおなじだけの歳月を経てきた詰将棋

これが解っても、歩が銀になった途端にわからなくなる子もいますから、辛抱強く教えましょう。

 

 

【2】3手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619011047p:plain

 

頭金の次に教えてあげたい基本の手筋。

自力で解けた時のエウレカ感は一種の快感です。

これも初見ではまず自力では解けないでしょう。

 

 

【3】5手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619013415p:plain

 

渡瀬荘次郎『街宵』8番。

作品と言えるかは微妙ですが、子どもがはじめて挑戦する5手詰として最適と思います。これも自力で解けるか解けないかという子がたくさんいて出しがいがあります。

 

【4】3手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619010743p:plain

 

古来から伝わる作者不詳の超有名作。

なるべくこの問題を知らない子に解かせてあげましょう。

おもしろいくらいに解けないです笑

 

 

【5】5手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619011011p:plain

 

(久留島喜内『将棋妙案』6番)

これも覚えていて損のない名作。

中村王座が報道番組のゲストで呼ばれたときにその場で解かされていましたね。

 

【6】7手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619011810p:plain

 

作者不詳の作品。

このくらいの問題を大盤に再現して置いておくだけで、かなりの時間こどもを煙に巻くことができますよ笑

真面目な話、詰将棋において攻方と玉方の双方が最善手順を選ぶということを説明するのに使います。

 

【7】11手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619012057p:plain

 

出ました定番。見栄えがよく、持ち駒も綺麗なのに同時に詰み手順も美しく、解ってしまえば簡単という解後感を備えた作品。

ヒントを出しながら解いてみましょう。今日こどもに出したら20分はつついてましたね笑

 

【8】15手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619012321p:plain

 

これを出題するときは、「香車とほかに歩が何枚あったら詰むかなあ」ととぼけながら図を作ります。あるていど将棋が解っている子(10級くらい)だと、「歩なんかいらないよ」と言ってくるので「本当?」なんていいながらこどもを焚きつけてやる気にさせるのはあなたの腕次第。まあ私がこどものとき勝又先生にやってもらった教え方なんですがね笑

 

有名な大道詰将棋の香歩問題の基本ですが、初めてみたときの感動はいつまでも色あせません。

 

【9】13手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619012742p:plain

 

きれいで詰み筋もいい古作ですね。初段を目指す子なんかにはさっと解いてほしいですね。あまりこれを出題する機会はないのですが。

 

【10】17手詰

f:id:mizutama-shogi:20180619013012p:plain

 

堀半七の名で知られるこの作品ですが、その発表に先立つ『小林棋好手記詰物』(小林棋好)にも掲載されているようです。

いずれにしても、エレベーターのような楽しい作品。解けないとストレスが貯まりますので、ほどほどに笑

 

ーーーーーーーーーーーーー

参考文献

二上達也・福田稔『名作詰将棋』有紀書房、1986年

青野照市『古典詰将棋』光文社文庫、1993年