みずたま将棋ブログ

みずたま(@mizutama_shogi)のブログだよ

【中級への道】詰将棋を解こう(5手、7手詰)

詰将棋の本を紹介します。

岡田敏さんの『詰の花束』という本で、250ページ超えの詰将棋作品集。

通常の書店では買えないので、将棋会館や全詰連にてご購入ください。

 

è©°ã®è±æ

 

章立てが 実戦型百番、清涼詰百番、不成百番、合駒百番、あぶり出し百番、カオス百番と、詰将棋の基本技術が身につく優しい構成。

 

今日はこの中から5手詰と7手詰をあわせて4題ほど解いてみましょう。少し骨のある問題なので、初級者の方は無理せず眺めるだけでOKです。

 

各章から最初のほうの問題を採ることにしますが、あぶり出しとカオスの章は11手詰とかから始まるので...省略。

 

【1】1番 実戦型百番より(5手)

f:id:mizutama-shogi:20180421234248p:plain

 

【2】101番 清涼詰百番より(7手)

f:id:mizutama-shogi:20180421234613p:plain

 

【3】不成百番より 205番(7手)

f:id:mizutama-shogi:20180421235008p:plain

 

【4】合駒百番より 301番(7手)

f:id:mizutama-shogi:20180421235241p:plain

 

合駒ってもちろん難しいんですが、この技術を手に入れると詰将棋を解いたり作ったりする効率が格段に上がります。つまり、見える景色が違ってくるわけです。ですので一緒にがんばりましょう。

 

解答と解説は例によって後日発表します。

 

それにしてもこの本、良質な詰将棋が600題以上載って2000円って破格だよなあ...。